スタッフブログ

2015/04/06とれるかぶせ とれないかぶせ その1

こんにちは!おきとう歯科クリニック 中谷です。

「あの歯医者でつけてもらったかぶせ、すぐとれたわ」

「あの歯医者でつけたかぶせ、ぜんぜんとれないから上手い歯医者だ」

特につけてもらったかぶせがすぐとれた場合、不信感から歯医者を変えるかもしれません。

つけたかぶせがすぐにとれた場合、必ずいずれかの原因が考えられます。

設計(形成)が不十分。

虫歯が残ってる。

装着するときの手技。

噛み合わせ調整の不足。

いずれもあってはいけないことです。

こんなことがないように治療には最善を尽くしています。

しかし、つけたかぶせがずっと取れない場合、それは危険信号を見逃すことになるかもしれません。

かぶせ、詰め物をした歯は永久的に何も問題は起きない。

これは間違いであることはみなさん直感的におわかりでしょうか。

天然の歯にまさる修復物はありません。

金属は歯よりも硬いですが、硬いことによる他の問題を引き起こします。

人工物と歯は決して一体化することはないのです。(精密に人工物を作るほど限りなく一体化に近づきますが)

条件が整えば、歯とかぶせとの間から虫歯菌は進行していきます。(二次う蝕と言います)

かぶせものは歯全体が金属ですが、金属と根の境から虫歯が進行します。

このことはかぶせや詰め物がとれた時に発見されることが多いです。

初期のものであればレントゲン診査でもうつりません。(金属がレントゲンを遮断し、中の虫歯はうつりません)

 

「あの歯医者でつけたかぶせ、ぜんぜんとれないから上手い歯医者だ」

こうなってくるとこの定説が崩れてきます。

かぶせがとれなければ虫歯が大きくなるまで気づく可能性は低くなります。

痛みでわかることもありますが、神経の処置をした歯は歯がしみることはありません。

次回に続きます!

 

カテゴリ:

月別アーカイブ

カテゴリ

無料メール相談・お問い合わせ

    診療時間

    月~土
    AM9:00-12:00 PM14:30-18:30
    休診日:日曜・祝日

    外来予約・お問い合わせ
    0120-391-852
    084-962-5511

    訪問予約
    084-965-6707

  • 当院への地図