スタッフブログ

2015/05/18天然歯に勝る人工歯はない!

こんにちは!おきとう歯科クリニック 中谷です。

歯は人間が生きるために、備わった臓器の1つです。

その歯が病気で機能喪失した時に、それを補強する作業が歯科治療です。

補強するためにはやはり硬いほうが良いだろうということで、まずは歯科治療に金属が使われてきました。

今でも保険診療では、金属が普通に使用されています。

ですが、歯と金属は決して一体化しません。ミクロの世界では、段差が生じます。

段差が生じれば、細かい隙間にプラークが停滞し、虫歯菌が繁殖しやすい環境になり、虫歯の再発もしやすくなります。

また、前回根にかぶせをする時の心棒、金属が根を割ってしまうことがあるというお話をしました。

 

今では、保険診療に治療の質の限界があるということがわかってきてます。また、歯の性質、硬さが近いほど歯にやさしいということがわかってきてます。

 

同時に、材料の進化も徐々に進み、歯に近い材料がどんどん進化してきてます。

根にさす、心棒はファイバーコアと言って、歯の弾力に合わせた、しなる素材がよいということがわかっています。

また、歯との適合性が高く、金属よりも歯の硬さに近いセラミックスも良い材料です。

セラミックスは比較的昔からありますが、当初よりも強度を増し、現在割れるリスクも少なくなってきてます。

ちなみに金属の1つ、金は昔からあり、なおかつ歯にやさしいと言われています、金は金属の中でもかなり柔らかく、

歯によく適合し、歯への負担も少ないとされています。

当院では、

被せ物を選択する際に、

健康面・機能性

耐久性

審美性

3つの視点から、患者様に一番良い物を選んで頂けるよう、情報提供を行っています。

 

カテゴリ:

月別アーカイブ

カテゴリ

無料メール相談・お問い合わせ

お名前 ※必須
性別 女性 男性
年齢
郵便番号 記入例:7202125(ハイフン無し)
ご住所
電話番号
メールアドレス ※必須
コメント

    診療時間

    月~土
    AM9:00-12:00 PM14:30-18:30
    休診日:日曜・祝日

    ご予約・お問い合わせ
    0120-391-852
    084-962-5511

  • 当院への地図

トリートメントコーディネーター 今岡の技工所見学