スタッフブログ

2021/09/10オーバーブラッシング

こんにちは、福山市神辺町にあります

おきとう歯科クリニック 大塚です。

今日は『オーバーブラッシング』についてお話します。

虫歯や歯周病などの予防にも欠かせない歯磨き。

しかし、磨きすぎて歯が削れたり、歯茎が下がったりと、逆にトラブルを起こしている人もいます。

 

「オーバーブラッシング」は歯や歯茎に悪影響?

歯の治療を受けている人は歯科医師などから「歯を守るためにしっかり歯磨きをしましょう」といわれることがあると思います。

歯を守るために頑張って歯磨きしようと考え、その結果、力みすぎて、オーバーブラッシング状態になっている人が少なくないように思います。

 

オーバーブラッシングになると...

・歯のエナメル質が傷つきやすくなり、歯がすり減ってくる

・エナメル質の下にある象牙質が露出することがある

象牙質が露出すると、虫歯や知覚過敏になりやすいのです。歯を守るために歯磨きをしているのに、虫歯などのリスクを高めることになるのは悲しいですね。

002127_03_i.png

 

頑張って磨こうと思い、強い力で歯磨きすると「歯肉退縮」を招いてしまうかもしれません。力の入れすぎで歯茎が傷つき、下がってしまうのが歯肉退縮です。そうなると、歯にモノが挟まりやすくなります。歯が長くなったように見えたら要注意です。それに、歯茎は下がってしまった元にはもどりません。

 

オーバーブラッシングを防ぐには?

(1)  歯ブラシの選び方

歯ブラシの硬さですが、毛はあまり硬すぎると歯茎を傷つけてしまいがちです。柔らかさだけでなく、大きさや形状が自分にあっていないと、磨けてなかったり、磨きすぎになったりもします。自分にあった歯ブラシを見つけることが重要です。

歯ブラシの交換時期ですが、毛先が開いてきて、横にはみ出せば、交換時期のサインだと考えてもいいでしょう。

 

(2) 歯の磨き方

虫歯を予防するには、歯磨きで歯垢(プラーク)をしっかりと取り除くことが重要です。が、気をつけたいのは、ブラッシングの圧です。よくいわれるのは100g200g程度の圧がいいといわれますが、わかりにくいですよね。歯ブラシを歯にあてて、毛先があまり開かない感じです。

人によって歯の形や歯並びは違いますので、歯の磨き方や力の入れ方も違ってきます。歯ブラシが数週間でかなり開いてしまう人はかなり、力を入れて磨いているかもしれませんね。正しい磨き方をマスターするためには、歯科衛生士の指導を受けることをおすすめします。

 

 

オーバーブラッシングにならないように注意しながら正しい歯磨きをすることで、歯や歯茎の予防につながります

頑張って、自分の歯を守ってくださいね!

カテゴリ:,,

月別アーカイブ

カテゴリ

無料メール相談・お問い合わせ

お名前 ※必須
性別 女性 男性
年齢
郵便番号 記入例:7202125(ハイフン無し)
ご住所
電話番号
メールアドレス ※必須
コメント

    診療時間

    月~土
    AM9:00-12:00 PM14:30-18:30
    休診日:日曜・祝日

    外来予約・お問い合わせ
    0120-391-852
    084-962-5511

    訪問予約
    084-965-6707

  • 当院への地図