スタッフブログ

2021/11/12「差し歯」は歯の根は残っている?

こんにちは、福山市神辺町にあります

おきとう歯科クリニック 大塚です。

今日は『「差し歯」は歯の根は残っている?』についてお話させていただきます。

「差し歯」は歯の根がある

「差し歯」とは、どのような場合にどう治療するのでしょうか。歯を抜くわけではないのですか。

差し歯は、むし歯がひどいものの、歯の根っこの部分の「歯根(しこん)」を残すことができた場合に施す治療法のひとつです。

具体的には、残った天然の歯の根っこに、歯科用語で「コア」と呼ぶ「土台」を入れてから、「人工の歯」(かぶせ物)をかぶせる方法が一般的な治療法です。

この治療では、歯ぐきより上に出ている歯の部分の「歯冠(しかん)」をむし歯のために全部削ることになり、歯冠が見えなくなるため、歯を抜いたと勘違いされる人もいます。差し歯の場合、歯ぐきの内部に根は残っています

土台と被せには保険適用のものと保険適用外のものがあります。その違いについては治療が必要な患者様にお話しさせていただき、選んでいただくようになります。

crown.png

 

歯の根が残っているのであれば、大事にしなければなりません。

むし歯だけではなく、硬いものを噛んだり、何かにぶつけたりして歯冠の部分がぱきっと割れたり、ヒビが入ることもあります。歯の状態によりますが、噛(か)み合わせやその後の歯の寿命にも関わるため、歯の根っこを残す治療は重要です。

差し歯とは、歯の根があるからこそ可能な治療であり、歯を抜いたわけではないので勘違いせずにケアを行いましょう

カテゴリ:,,

月別アーカイブ

カテゴリ

無料メール相談・お問い合わせ

    診療時間

    月~土
    AM9:00-12:00 PM14:30-18:30
    休診日:日曜・祝日

    外来予約・お問い合わせ
    0120-391-852
    084-962-5511

    訪問予約
    084-965-6707

  • 当院への地図