スタッフブログ

2021/11/30「練り歯磨き」と「液体歯磨き」どちらを選べばいい?

こんにちは、福山市神辺町にあります

おきとう歯科クリニック 大塚です。

今日は『「練り歯磨き」と「液体歯磨き」、どちらを選べばいい?』についてお話させていただきます。

歯磨き剤には、チューブ入りの「練り歯磨き」とボトル入りの「液体歯磨き」などがあります。店頭で売られているさまざまな製品のパッケージを見ると「虫歯・口臭を防ぐ」「歯周病予防」「歯を白くする」などと書かれており、どれを選ぶか悩む人も多いのではないでしょうか。

練り歯磨きと液体歯磨きにはそれぞれ、どのようなメリットがあるのでしょうか。

Q.練り歯磨きと液体歯磨き、それぞれのメリットについて教えてください。また、液体歯磨きにはアルコール入りの製品とノンアルコールの製品がありますが、機能上、どのような違いがあるのでしょうか。

練り歯磨きには研磨剤の粒子が含まれているため、着色などの頑固な汚れを取り除きやすいというメリットがあります

一方、液体歯磨きのメリットは液体であることから、歯磨き剤の成分が歯肉や歯周ポケットなどに浸透しやすいことです。そのため、『歯周病予防に効果的と言われています。

ただし、練り歯磨きと液体歯磨き、どちらも歯ブラシを正しく使えば、歯垢や汚れを取り除くことができますし、歯磨き剤の成分が口内に浸透します。つまり、機能的に大きな違いはなく、『どちらの方が優れている』といえるわけではないため、好みで選んで構いません。

液体歯磨きにおけるアルコールやノンアルコールの違いは、主に使用時の爽快感の違いなので、どちらを使うかは好みで判断してよいでしょう。ただし、口内に傷や口内炎がある場合、アルコール入りの製品だと染みるので、ノンアルコールの製品を使った方がよいと思われます。

 

Q.歯磨き剤には、歯磨き後の仕上げとして使う「洗口液」もあります。歯周病や口臭予防に効果があるといわれていますが、本当なのでしょうか。

洗口液は歯磨きの後に使うことで、口内の清潔度向上や歯周病予防、口臭予防に相乗効果が期待できます。液体歯磨きと同様、洗口液にもアルコール入りの製品とノンアルコールの製品があるので、口内の状態を判断して選んでください。

 

Q.通勤、通学の関係上、平日の昼食後に歯を磨く時間がない人は多いと思います。歯を磨く時間がない場合、洗口液で口をゆすぐだけでも歯周病や口臭対策になるのでしょうか。それとも、短時間でも歯を磨くべきなのでしょうか。

昼食後に歯を磨く時間がない場合、洗口液で口をゆすぐだけでも、ある程度、歯周病や口臭対策にはなります。ただし、口内にたまった歯垢や汚れは歯磨きをしなければ取り除くことができないので、洗口液のみの使用は、どうしても歯を磨く時間がないときだけにしてください。洗口液の使用だけで『歯周病を予防できる』『歯磨きを終えた』などと考えるのはとても危険です。

一方、時間がないからといって、慌てて雑に歯を磨くと、食べかすが歯の隙間に押し込まれ、口臭や虫歯を誘発することがあります。そのため、歯磨きは余裕のある時間にしっかりとすることが大切です。食後30分ほど経過してから歯を磨くと効果が上がります

 

Q.歯磨き剤を使う際の注意点や効果的な使用方法について教えてください。

歯ブラシの使い方が悪いと歯磨き剤の効果は半減、または極端に落ちます。歯磨き剤を効果的に使いたいのであれば、歯ブラシの使い方を見直すことが必要です。かかりつけの歯科医に正しい磨き方を指導してもらい、『練り歯磨き、または液体歯磨きだけの使用でよいのか』『歯磨き後に洗口液を使うべきなのか』などを相談してみてください。

気になる方は衛生士から歯磨き指導もさせていただきますので声をかけてください。

dcENLYwvm9ov2ztnPR4p_l.jpg

カテゴリ:,,

月別アーカイブ

カテゴリ

無料メール相談・お問い合わせ

お名前 ※必須
性別 女性 男性
年齢
郵便番号 記入例:7202125(ハイフン無し)
ご住所
電話番号
メールアドレス ※必須
コメント

    診療時間

    月~土
    AM9:00-12:00 PM14:30-18:30
    休診日:日曜・祝日

    外来予約・お問い合わせ
    0120-391-852
    084-962-5511

    訪問予約
    084-965-6707

  • 当院への地図