スタッフブログ

歯ブラシの洗い方を間違うと雑菌まみれに?

こんにちは、福山市神辺町にあります

おきとう歯科クリニック 大塚です。

本日は“歯ブラシの洗い方”についてお話させていただきます。
汚れた歯ブラシを使うデメリットや、洗い方以外での注意点など、歯ブラシを使ううえで知っておきたい知識もお話します。

1. 歯ブラシの正しい洗い方を知っていますか?

細菌の温床になりやすい

使用したあとの歯ブラシには1億個以上の雑菌が付着するとされています。
歯垢や雑菌の栄養となる食べカスもつきやすく、湿ったままの状態になりやすいです。
そうすると雑菌が繁殖しやすい環境になり、放置すれば温床になってしまいます。一見するとキレイな歯ブラシでも、雑菌だらけといったケースはとても多いです。

細菌だらけの歯ブラシを使うデメリット

細菌だらけの歯ブラシを口の中に入れるのはとても不衛生です。
体の免疫力が低下していると、歯茎が腫れるなど口内トラブルの原因にもなります。小さいお子さんの場合は特に注意が必要です。
雑菌を繁殖させないためにも、正しい洗い方を学んで清潔に保つことを心がけてほしいです。

適当に洗うだけだと汚れは落ちない

歯磨きをしたあとに、歯ブラシを水でサッと流しているだけの方もいるだでしょう。ただし、軽く流すだけでは、歯ブラシの汚れや雑菌を十分に落とすことができません。毛の中に汚れが入り込こむこともあるので、正しい洗い方で丁寧に汚れや雑菌を除去しましょう。

2. 歯ブラシの正しい洗い方

正しい洗い方

強めの流水を使って、さまざまな角度から洗い流すのがポイントです。
毛先から根元までしっかりと水を当てます。もし目にみえる食べカスが残っているときは、軽くこすって取り除いておきましょう。水をためたコップに歯ブラシを入れてかき回し、そのあと水で洗い流す方法もおすすめです。

しっかりと乾燥させる

正しい洗い方を守っていても、歯ブラシに水気が残っていると雑菌が繁殖しやすいので、ティッシュや清潔なタオルで軽く拭いておくと、乾燥するまでの時間が短縮できます。使っているコップや歯磨き粉のケースも一緒に拭いておけば、カビ対策にもなり、拭いたあとは風通しがよい場所を選んで保管しましょう。

除菌する方法は?

歯ブラシの除菌には天日干しが有効です。
殺菌作用によって歯ブラシについた雑菌を減らすことができ、乾燥までの時間も短縮できます。正しい洗い方を守り、天気がよい日は日光に当てる習慣をつけましょう。また、紫外線で除菌する歯ブラシ除菌器や歯ブラシ用除菌薬を活用するのもおすすめです。

3. 歯ブラシの洗い方以外で気をつけるべきことは?

1ヶ月に1回交換する

歯ブラシの交換は1ヶ月に1回を目安にしましょう。
そのまま使用していると衛生面で問題があり、汚れを落とす効果も弱くなってしまいます。また、変色していたり毛先が開いたりしている場合は、1ヶ月より前でも取り替えてほしいです。

離して保管する

正しい洗い方で手入れしていても、保管するときに歯ブラシ同士が触れると雑菌が移ってしまいます。ウィルスが感染するケースもあるので分けて収納するのがポイントです。

間違った除菌に注意

熱湯には除菌効果がありますがプラスチック製の歯ブラシにかけると傷みます。
食器用の漂白剤や哺乳瓶を消毒する薬剤など、歯ブラシ専用でない商品は避けたほうがよいです。天日干しや専用商品を活用して除菌しましょう。

キャップやケースに入れない

水気を含んだ歯ブラシをキャップやケースに入れると、乾きにくくなります。
持ち運び用に使用するときは、家に帰ったあとにすぐ取り出すことが重要です。正しい洗い方を守ってしっかりと乾燥させて、また持ち運ぶときだけキャップやケースを使ってほしいです。

 

 

毎日使う歯ブラシは菌の温床になりやすいので、清潔に保つためには正しい洗い方で手入れすることが重要です。
使用したあとは強めの流水でさまざまな角度から洗い流し、軽く拭いてしっかりと乾燥させることで、雑菌の繁殖を予防できるでしょう。
また、1ヶ月に1回交換する、歯ブラシ同士を離して保管するなど、洗い方以外の注意点も確認しておきましょう。
歯ブラシを適切に管理する習慣をつけることが、口内トラブルをふせぐことにつながります

関連記事

医院情報

診療時間

休診日

日曜・祝日

外来予約・お問い合わせ

訪問予約

診療メニュー

むし歯・歯周病の治療から、人生を豊かにするインプラント治療まで対応しております。

求人

当院で働いてくれる仲間を募集しています