歯の豆知識

歯ぎしりについて

こんにちは、おきとう歯科クリニックの杉浦です。

日に日に暑さが増し、夏がいよいよ本格的に始まりましたね。海開きしたところもありますし、夏バテしないように注意して、ぜひとも今年も夏を満喫したいものです!

さて、そんな楽しみな夏となりましたが、今月6月は祝日がなく、なかなか大変です。遊びに行きたいのに仕事だ、勉強だ…とストレスが溜まることもあるでしょう。そんなとき、お口で困るものとして、歯ぎしりを思い浮かべる方がいらっしゃるのではないでしょうか。

今日は、その歯ぎしりについて、お話をしようかと思います。

まず、その歯ぎしりの種類についてですが、主に3種類あります!
①グラインディング:上下の歯を無意識にギリギリとこすり合わせること。
②クレンチング:いわゆる食いしばり・噛みしめのこと。
③タッピング:連続してカチカチとしてかみ合わせること

歯ぎしりに種類があるなんで、ご存知でない方が多いのではないでしょうか?
これらはどれも、お口の『異常』機能とされており、歯や顎に強い力が加わります。
『異常な』強い力が加わるので、顎の関節や、歯や歯周病に悪影響があります。

歯への悪影響には、歯のくびれ(歯茎と歯の境目のあたり)に、くさび状の凹みができます。見た目も悪くなりますし、知覚過敏の症状が現れることもあります。

顎の関節への悪影響としては、顎の関節が痛い、口が開かなくなるなどがあります。

歯周病への悪影響としては、歯周病の悪化(急に歯茎が腫れてくるなど)があります。

さらに、近年知られるようになった、もう一つの歯ぎしりとして、TCH(Tooth Contacting Habit;上下の歯が、弱い力ではあるものの、長い時間接触し続けることで、歯に大きな負担がかかるもの)というものがあります。

ぼくは、大学受験のときに、このTCHがひどくなり、ずっとお口を開けて、上下の歯が全く触れないようにしていました。上下の歯が接触すると、ものすごい痛みがありました。

歯はもちろん、顎の関節などのお口の周りが痛くなる原因は、虫歯や歯周病だけではありません。このような歯ぎしりが原因の可能性もあります。

『ちょっと歯周病が悪化しているだけだろう』、『顎の関節がおかしいのは、何か固いものを噛んだからだろう』、『そのうち自然に治るだろう』など、ご自身で安易に判断されず、歯医者を受診されることをお勧めいたします。

歯ぎしりが原因でしたら、当院では、マウスピースでの対応などをしております。

何かあれば早めに、気軽な気持ちで、おきとう歯科クリニックにお越しくださいませ。

関連記事

医院情報

診療時間

休診日

日曜・祝日

外来予約・お問い合わせ

訪問予約

診療メニュー

むし歯・歯周病の治療から、人生を豊かにするインプラント治療まで対応しております。

求人

当院で働いてくれる仲間を募集しています