歯の豆知識

熱中症対策と虫歯との関係

こんにちは、おきとう歯科クリニックの杉浦です。

今まで体験したことのない猛暑が続いていますね。このコロナ禍でマスクもしており、今年の夏は、まさに酷暑です。熱中症に注意して過ごさなくてはいけませんね。

さて、その熱中症対策ですが、虫歯になるリスクを高めることがあります。今日は、熱中症対策と虫歯の関係について、お話をしようかと思います。

まず、熱中症対策では、水分補給だけでなく、塩分・糖分を補給することが重要です。例えば、『スポーツドリンク等の清涼飲料水』『アメ』などがあります。『塩キャラメル』なんていうものもあります。

これらの飲み物・食べ物は、熱中症対策としては確かに有効ですが、一方で、虫歯になるリスクを高めます。

その理由は、塩分・糖分を多く含んでいるため、お口の中のpHを大きく酸性に傾けてしまうからです(虫歯は、お口の中が酸性に傾いている時に生じます)。

また、もう1つ理由があります。本来ならば、唾液の働きにより、いったん酸性になっても、徐々に中性に戻ります。しかし、熱中症対策では、これらの飲み物・食べ物を『こまめに』摂取することが重要で、『頻繁に』お口に含むので、唾液の働きが追い付かず、お口の中がずっと酸性のままとなってしまうのです。

さらに、アメなどで喉が渇いたら、スポーツドリンクを飲み、そのうちまたアメを舐め、喉が渇いたらまたスポーツドリンクを飲む…この循環が続いて、お口の中がずっと酸性のままという状態に陥りやすいです。

こうして考えてみると、熱中症対策では、虫歯にならないよう注意しなくてはならないと分かります。

そこで、虫歯対策です。

・ときどきは、お茶や水などを飲む。
・なるべく、ブクブクうがいをする。
・キャラメルなどが歯に付いてしまったら、可能なら、休み時間などに歯みがきをして取り除く。
・寝る前の歯みがき
(お口の中をきれいにして、せめて夜間だけでも、お口の中を中性に保ちましょう)

それでも、仕事が忙しかったり、疲れて寝落ちしてしまったりして、虫歯対策が難しいときもあります。

もし『虫歯になってしまったかな』と不安に思ってらっしゃる方は、気軽に、おきとう歯科クリニックにご相談、ご予約くださいませ。

関連記事

医院情報

診療時間

休診日

日曜・祝日

外来予約・お問い合わせ

訪問予約

診療メニュー

むし歯・歯周病の治療から、人生を豊かにするインプラント治療まで対応しております。

求人

当院で働いてくれる仲間を募集しています