スタッフブログ

だ液不足がもたらす「歯周病」の恐怖

こんにちは、福山市神辺町にあります

おきとう歯科クリニック 大塚です。

 

日本人の口内環境は今、大変なことになっています。
なんと、「日本人の8割は歯周病」という調査結果が出ているのです。歯周病は今や他人事ではありません。

 

だ液は「美口」を保つための大きなカギを握っています。
天然の殺菌作用を持ち、善玉菌を残して悪玉菌だけをやっつける働きを持つだ液は、口内環境を守るために不可欠なものです。
ところが、ベロが十分に使えていないなどの理由により、だ液の分泌量が不足すると、口内環境は徐々に乱れていき、トラブルの原因となります。

 

そもそも歯周病とは何かというと、これは細菌の感染によって起きる炎症性疾患です。
口の中にはもともと500〜700種類の細菌が常在しており、歯磨きが十分ではなかったり、糖分を過剰に摂取したりすることで発生するプラーク(歯垢)には、1ミリグラム中に10億もの細菌が含まれています。

このプラークが歯と歯ぐきの境目にある「歯周ポケット」に入り込むと、そこに多くの細菌が停滞し、歯肉が炎症を起こす原因になります。
これが歯周病の始まりです。

初期の歯周病になったとしても、歯科医院へ定期的に通ってケアすれば問題ないのですが、もしもそのまま放置してしまい、症状が進行すると、歯周ポケットはどんどん深く広くなってしまいます。
そして「歯槽骨」と呼ばれる歯を支える土台の部分が溶け始め、歯がぐらぐらと不安定な状態に陥ります。
さらに症状が悪化すると、歯が抜け落ちてしまうことにもなりかねません

 

厚生労働省の調査によれば、「歯肉炎及び歯周疾患」の総患者数は331万5000人で、そのうち男性が137万3000人、女性が194万2000人と、女性のほうが罹患率が高いことがわかっています。

日本臨床歯周病学会によれば、歯周病を進行させる原因には次のような行為があります。

1 歯ぎしり、くいしばり、かみしめ
2 不適合な冠や義歯
3 不規則な食習
4 喫煙
5 ストレス
6 全身疾患(糖尿病、骨粗しょう症、ホルモン異常)
7 薬の長期服用

歯周病の何よりおそろしいところは、自覚症状が少なく、症状が静かに進行していく点です。
とくに初期の歯肉炎の段階では、痛みもほとんどないため、気づいたときには重度の症状に進行しているケースが多々見られます。

 

「殺菌ベロ回し」をやってみよう!

いつでもどこでも、手軽に実践できる「殺菌ベロ回し」

べロを伸ばして、歯ぐき「表面」を右上から左下へ 、
ゆっくり円を描くようにぐるりと回す(上6秒、下6秒)。

【ポイント】
●毎日3回、食事のあとに行うこと
●1セット=1分間かければ十分
●口は閉じた状態で!
●ゆっくり!!  しっかりと!

歯は健康の基礎となる大切なもの。
定期的に歯科医院を受診したり、セルフメンテナンスを行ったりして、歯周病予防をしていきましょう。

 

関連記事

医院情報

診療時間

休診日

日曜・祝日

外来予約・お問い合わせ

訪問予約

診療メニュー

むし歯・歯周病の治療から、人生を豊かにするインプラント治療まで対応しております。

求人

当院で働いてくれる仲間を募集しています