カウンセリング

患者様ひとりひとりにぴったりな治療を行うために

患者様にとって歯科医院とはどんな所でしょう?

虫歯で穴が開いてしまった。
歯周病で歯がぐらぐら揺れてきた…。

我慢するだけでは治りそうもないから、治療するためにおそるおそる歯科医院のドアをくぐる。
そして行ったらすぐにお口を開けさせられて、何やらよく分からないけれど歯を削ったり抜いたりされて『はい、治りました!』と言われてどうやら治療が終わったようだと一安心…。
多くの方がそんなイメージをお持ちなのではないでしょうか。

残念ながら、『歯医者大好き!歯医者に行くのは楽しい!』と言ってくださる方にはめったにお目にかかることができません。

反対に『怖い所』『説明もなく痛いことをされる』などのマイナスイメージはすっかり定着してしまっているのが悲しい現状です。

この原因は一体何なのでしょう?

時に、患者様との会話の中で
『歯医者は何をされているのか自分では見えないし、よく分からないから怖い』
『説明されても専門用語が出てくるので、どういう事なのかさっぱり分からない』

とのお声を聞く事があります。

これこそまさに歯科医院が患者様に敬遠される大きな理由の一つだと思います。

過去、歯科に限らず医療の現場では患者様と医療従事者の立場は対等であるとは言い難い状況が当然となっていました。
しかし、これではたとえ医学的に正しい治療をしたとしても、患者様の気持ちは満たされないのではないか?

納得して治療を受けていただけないのでは、患者様にとって『治った』と言えないのではないか?
そこで現れたのが『インフォームドコンセント』という考え方です。

これは、治療の前には必ず患者様にその治療に関する説明を行い、患者様が十分に理解・納得されたうえで治療を行うという物で、現在では医療界において普遍的な考え方となっています。

説明内容にはなぜその治療が必要なのか、治療方法にはどんな物があるのか、それぞれのメリット・デメリット、治療後にどのようになるのか、そして治療に伴う危険性など、あらゆる事が含まれます。
そして、患者様が疑問を感じたら、いつでも何でも質問していただいて構わないのです。
しかし実際にはどうでしょう。

未だに患者様からは『質問しても歯医者の説明は分かり難くて…』『質問するのは何だか気が引けて…』という声をお聞きします。

実はインフォームドコンセントをしっかり実施できていると思っているのは歯科医師だけで、患者様に伝えるべき事の半分も伝えられていない、患者様が本当に望んでいる事を理解できていないのが実際のところなのではないでしょうか。

そこで、おきとう歯科では患者様の治療を開始する前に必ずカウンセリングを行うことにしました。
初めて来院された患者様にはまず問診票を記入していただきます。
その後、女性カウンセラーが患者様のお話をじっくりうかがいます。

お話いただく内容は痛みのある部位の事だけでなく、普段気になっている事や治療に際してのご要望など何でも結構です。
一見治療に無関係に思える事が問題を解決するのに大いに役立つこともあるのです。

患者様のお話をたくさんお聞かせください。
私たちは患者様について一つでも多くの事を理解し、患者様ひとりひとりにとって最良の治療を行いたいと願っています。
カウンセリングだけでなく、治療の際でも何か気になることがあればいつでもお気軽におっしゃってください。
 
患者様に安心・納得して治療を受けていただけるよう、私たちは常に考え、行動していきます。

無料メール相談・お問い合わせ

お名前 ※必須
性別 女性 男性
年齢
郵便番号 記入例:7202125(ハイフン無し)
ご住所
電話番号
メールアドレス ※必須
コメント

    診療時間

    月~土
    AM9:00-12:15 PM14:30-19:00
    休診日:日曜・祝日

    ご予約・お問い合わせ
    0120-391-852
    084-962-5511

  • 当院への地図

トリートメントコーディネーター 今岡の技工所見学